• ベビーシッターになるためには

    • 資格がなければその仕事に携わることができないというものもたくさんありますが、ベビーシッターは資格がなくてもやることができる仕事です。



      その上特定の専門学校や大学を出なければならないということもないので、子どもが好きだからという理由だけで勤めることが可能なのです。



      しかし、それだけでは信頼を得ることはできません。

      大切な我が子を預けるのであれば、やはりそれなりの資格や経験を積んでいる人でなければ安心できないのです。そこでおすすめなのが「認定ベビーシッター資格」です。
      一種の肩書のようなものですが、これを取得しているかしていないかでその信頼度も変わります。

      ベビーシッターというのは正社員での仕事ではなく、アルバイトや契約社員という雇用形態であることがほとんどです。

      まずはベビーシッターの仕事を請け負っている派遣会社に登録し、仕事の依頼を受けて初めて勤務スタートとなります。


      海外ではベビーシッターというのは身近な仕事ですが、日本では女性が家庭を守るという風習があるためそれほど身近なものではありません。

      しかし今日では女性の社会進出が著しく進んでいるため、日本でも需要が高まっている傾向にあります。
      他人に我が子を預けるというのは親にとっては気が引けるものです。


      だからと言って保育園に空きがなかったり、預ける人がいなかったりするとどうしても頼らざるを得ない状況になってしまうでしょう。



      そういった働く女性たちを助けるためにも、今後需要が高まっていく仕事だと言っても過言ではありません。

  • 資格の話

    • 情報収集をしておくと安心なベビーシッター

      いつもは家で自分で赤ちゃんの面倒を見ている人でも、どうしても外出する必要があったり、在宅で仕事をしていたり、急に病気で寝込んでしまった場合など、代わりに赤ちゃんの面倒を見てくれる人を探す必要があります。近くに頼むことが出来る両親などが済んでいる場合はいいのですが、結婚して実家から離れて暮らす人も多いため、頼める人がいないということも起こり得るのです。...

  • 資格の身になる知識

  • 資格の知っておきたい情報・資格の最新情報

    • ベビーシッターを頼んでリフレッシュ

      働いていて自分の時間が取れなかったり、毎日の育児に疲れを感じているお母さんにとって、ベビーシッターは強い味方となります。しかし、日本には子育ては母親が主体となって行うものという考えが根強く、仕事の都合がつかないなどのどうしようもない時をのぞいて、なかなか気軽に頼みにくい風潮があります。...

    • 資格を持ってベビーシッターとして働く

      ベビーシッターとは、親の不在時などに子供の世話をする仕事です。ベビーという名称ですが、実際には小学生くらいまでの子どもも対象におこなわれています。...